\失敗しない選択/

↑公式サイトはこちらから↑

デリケートゾーン ひだ 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみでも、いちばんやっかいなのはひだの部分。

 

普段は外目に触れることはないけれど、大事なタイムには大切な人の目に触れる。
そんなことがあって、女性の多くが気になっている。

 

男性よりも女性が気になるのは原因があります。
それは、女性の方が黒ずみやすいからです。

 

黒ずみの原因の多くは「女性ホルモン」にあります。
ですから、女性のデリケートゾーンの方が黒ずみが目立ちやすいのです。

 

しかも、奥まった部分はキレイな色なので、余計に目立ってしまうこともあります。

 

そんなことから、ひだの部分が黒ずんでいると、ありもしないことが妄想される、、、。
・遊んでいる娘?
・不潔?
・キレイじゃない
そんなことを勝手に思い込まれそう!

 

でも、どう思っているか、感じているかなんてとても聞けない。
なので不安が募るばかりということです。

 

気にしているのか、いないのかもわからないですし。

 

原因が女性ホルモンなので、なかなか対処が難しいですよね。
女性ホルモンはあらゆる面で影響しているもの。
それを何とかしろということにもならない。

 

乳癌も女性ホルモンが原因。
子供を産む数が少なくなって、生涯の整理の回数が増えたことが原因とか。

 

じゃあどうしろっていうことなの?ですよね。

 

この曖昧な状況が、女性の黒ずみの悩みの原点です。

 

じゃあ、どうかして治らないのかな?ということです。

 

2つの方法があります。

 

1つは、美白系のお薬を処方してもらうことです。
皮膚科や女性内科などで、ハイドキノンなどの美白のお薬を処方してもらえます。

 

ハイドロキノンはフェイス用美白成分としてコスメでも多く使われています。
ポピュラーな美白成分で、実績も効果もあります。
ただ、やはりお薬となると副作用も心配です。
個人で買うよりもお医者様に処方していただくのが良いです。

 

市販薬もありますが、ひだの部分に使えるものとなるとなかなか無くて少ないです。

 

2つ目は再建手術です。
黒ずんだひだの部分を切除してしまうものです。

 

これはこれで確立されたものということです。
美容外科で経験が豊富なところを選ぶのがポイントですね。

 

今では、美容外科は女医先生が多いですから、悩みから施術まで安心してかかれます。

 

不安を抱くほどであれば、診ていただくのがおすすめです。

 

ただし、全てが女性ホルモンということでもなく、自分でも気をつけることができるポイントもあるようです。

 

まず、新陳代謝が低くないか?に注意してみる。
例えば、

  • ★体温が低くないか
  • ★冷え性じゃないか
  • ★汗をかく機会があまり無い

そんな方は、体の巡りが悪くなていて、デトックスができていないかも。

 

しっかりと汗をかいたいり、体の代謝が良くて体温も高めなら、巡りも良い。
逆なら悪い。
そうなると、発生したメラニンも沈着しやすいということも言われています。

 

実際に、運動やマッサージで代謝を上げることで黒ずみが薄くなったという女性もいます。

 

こういった、普段の生活上の改善でうまくいくこともあるようです。

 

例のなかでで当てはまることがあれば、代謝を上げるような生活改善もオススメです。

 

  • お風呂時に、マッサージをしてみる、
  • 周囲のvioをクリームなどでケアしてみる、
  • カンタンな3分程度のマッスル運動をしてみる、

 

さらには、よく言われる圧迫や擦れによる摩擦。
これらを改善することも効果が期待できます。

 

  • ♪わたしは、部屋着はもうゆるゆるのらく〜なものにしています、
  • ♪そして、ちょっとづつ、生活を快適仕様に変更中!

 

小さな改善かもしれませんが、何もしないでいると進むだけです。
少しでも取り組めば、その分は進むのも遅れるし止められる期待もあります。

 

なので、気になっているなら、まず何か行動することが良いです。

 

簡単にできるところから始めたいですね!

 

 

 

>> デリケートゾーン 黒ずみ 治す(トップページに戻る)

 

 

TOPへ