\失敗しない選択/

↑公式サイトはこちらから↑

デリケートゾーン 黒ずみ ハイドロキノン | 使って大丈夫?

美白コスメでおなじみの成分がハイドロキノン。
優れた場泊効果があるということで多くの美白コスメに使われています。

 

エステや美容外科などでもvioの黒ずみケアに多く使われています。
ハイドロキノン+レチノイン酸の組み合わせも多いようです。

 

でも、ハイドロキノンって安全なものなの?
vioといったデリケートゾーンに使っても本当に大丈夫?

 

そんなことろをまとめてみました。

 

ハイドロキノンは注意が必要

 

ハイドロキノンは植物由来の成分で安全そうに思えます。

 

「漂白剤」とのあだ名を持つくらいの優れた美白効果がある反面その分注意も必要です。

 

使用期間中は、
・念入りな紫外線対策(フェイス美白や腕などの露出した部分)が必要
・圧迫、こすれといった刺激を抑える
そんな対策がしっかりと求められます。

 

ハイドロキノンの難しい点として、
・紫外線を浴びると色素が沈着してしまう
・刺激を受けるとやはり色素が沈着してしまう
そんなことが起きる危険もあります。

 

美白するつもりが逆になる、、、少なくないようです。

 

また、ハイドロキノンの含有率が5%を超えると、
・肌トラブル(荒れる、発疹など)が起きやすい
・発がん性が疑われている
このようなことから、含有率の上限値を設けている国もあります。

 

選ぶときの注意点は?

 

日本では、2%含有率までのコスメが許可されています(厚生労働省)。
それ以上は、医師の処方箋が必要になります。

 

ただし、
・輸入コスメはこれに該当しないものある
・医薬部外品として含有率が高いものもある
いろいろ工夫されて含有率が高くなっているものも流通しています。

 

海外コスメも自由に手に入る時代。
高含有率のものを選びがちになりますよね。

 

でも、反面トラブルも増えています

 

例えば、
・まつ毛美容液で真の回りに色素沈着して黒ずんだ
・美白コスメを塗って外出して皮膚がさらに黒くなった
などの仕様上の留意事項を守らなかったことで逆校になっているケースもあります。

 

また、日本人の肌に合わないような、最悪、認可されていない成分が入っていることもあります。

 

また、これは本当に怖いことですが「偽物」が多いのも外国製輸入コスメの危険なところです。

 

そんなハイドロキノンですが、美白効果は圧倒的です。

 

なので、黒ずみがとてもひどいという方は使ってみることもおすすめです。

 

使う時の中事項さえしっかりと守ることができれば、かなり期待できます。

 

また、不安がある方は皮膚科や美容外科で診察して処方してもらうことをおすすめします。

 

期限を切って、いつまでどうしたいっていうことでなければ、このサイトで取り上げておすすめしているもので十分大丈夫です。

 

使用者も多いので安全性も確かめられている点も市販品の強みですね。

 

女性の肌は人それぞれなところが大きい。
それはコスメを使っていて誰もが感じていること。

 

なので、効果や成分ばかりに気を取られて選ぶことは関心で出来ないです。
やはり、デリケートなところだけに、安心安全も考慮して選ぶことがあとあとのトラブル防止につながります。

 

ハイドロキノンは優れた美白効果を持つ成分です。
反面、使用するときに十分注意しなければいけないということも知ってください。

 

(まとめ)ハイドロキノンについて

ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリーなどの植物、果実に含まれる成分。
肌を紫外線から守る働きがあります。

 

ハイドロキノンはメラニンを生成する酵素チロシナーゼの反応を阻害するようはたらくとされています。
そのため、美白及びメラニン色素沈着予防として使われます。

 

美白効果はとても優れており、コスメに多く使われています。

 

日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されているため、市販の化粧品にも同程度配合されたものが販売されています。
それ以上の濃度のハイドロキノンは医師の処方箋の処方が必要です。

 

注意点として、

・6か月以上の継続使用はしない
・長期使用して改善が止まってしまうこともある
・高濃度では発がん性なども疑われている
(証明されていない)

 

なので、使っている間は、

・擦れ、圧迫などの刺激を少なくするようにする
・続けて半年以上使わない
・高濃度のものは医師に処方してもらう

そんなことを守ること。

 

 

 

>> デリケートゾーン 黒ずみ 治す(トップページに戻る)

 

 

TOPへ