\失敗しない選択/

↑公式サイトはこちらから↑

デリケートゾーン 黒ずみ 石鹸 | ソープは黒ずみケアに有効なの?

デリケートゾーンの黒ずみケアにソープは有効なのでしょうか?
また、どんなものを使えば良いのでしょうか?

 

そんなところをまとめてみました。

 

ソープで変わるのはケア方法

 

デリケートゾーン専用のソープも多く市販されています。

 

その多くは「泡をたてて洗うタイプ」です。

 

普通のボディソープは、ボディ洗い用のタオルなどに染み込ませたり、手のひらで泡立てたりして使います。

 

どちらも、デリケートゾーンをなでたり擦ったりという刺激が発生します。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因に一つが摩擦による刺激です。
いくら表面活性剤で滑るような使い心地でも、刺激という点ではゼロではありません。

 

タオル類で擦るようにする刺激も肌質の柔らかいデリケートゾーンには大きな刺激、負担です。

 

一方、泡立てて使うソープでは、刺激もぐっと小さくなります。

 

例えば、ミュゼのソープは、手のひらにたっぷりと泡立てて、その泡でデリケートゾーンを包むようにして洗います。

 

こすったりせず、しばらく時間をおいて汚れが落ちたらシャワーで洗い流します。

 

これだとほとんど刺激を与えずにキレイに洗うことができます。

 

専用の泡ソープによっていちばん効果ががあるのは、洗い方が変わって刺激が少なくなることです。

 

毎日のことなので、低刺激になる洗い方に変えらることでこれ以上の黒ずみの予防にもなりますね!

 

 

美白効果はそこそこ?

 

最終的には洗い流してしまうため、浸透も期待できません。
美白効果も限られてきます。

 

成分の効きを左右するのは最後は浸透力。
ですから、洗い流すことが目的のソープでは、デリケートゾーンの美白には十分ではありません。

 

なので、美白成分に注目して選ぶよりも、
・摩擦やこすれといった刺激が低くなる使い方
・デリケートゾーンに負担や刺激を与えない使い方
そんな「使い方が優しくなる、刺激や負担が減る」をキーワードにして選ぶと良いです。

 

特に、泡立ちが良くて、擦らずに汚れが落とせるというようなものがオススメです。

 

毎日のデリケートゾ^ンを優しく洗える、洗うことができるソープで、優しいケアに改善しましょう!

 

 

 

>> デリケートゾーン 黒ずみ 治す(トップページに戻る)

 

 

 

 

 

TOPへ